病気・介護休暇

A Full Federal Court decision handed down on 21 August 2019 confirmed the method of accruing and taking paid personal/carer’s leave under the National Employment Standards. The information on this page has been updated to reflect this decision. Find out more about this decision.

従業員は、傷病のために仕事ができない場合、病気休暇(sick leave)を取ることができます。また、病気や怪我をした人を介護するために休暇を取ることもできます。

病気・介護休暇は別名、個人的休暇(personal leave)と呼ばれます。

従業員は、同居者や肉親(配偶者、パートナー、親、継親、子、兄弟姉妹、祖父母など)を世話したり、支援するために介護休暇(carer’s leave)を取ることができます。介護される人は、傷病者であるか、予期せぬ緊急時に助けが必要な人である必要があります。

従業員の病気・介護休暇日数は、雇用開始と同時にその累積が始まります。従業員は、雇用後最初の12ヶ月の間でも、いつでもこの休暇を取ることができます。

雇用者は従業員に対して、なぜ休暇を取る必要があったのか、その証拠の提示を求めることができます。通常、医師の診断書や法定宣言書(statutory declaration)です。 

従業員が取ることのできる休暇日数

常勤・パートタイム従業員は、年間、病気・介護休暇を10日間取ることができます。1年の終わりに未消化だった休暇日数は翌年に持ち越されます。

臨時(casual)従業員は必要に応じて、1回当たり2日間ずつ無給介護休暇を取ることができます。

傷病・介護休暇を全て消化した常勤・パートタイム従業員は、無給介護休暇を取ることができます。

雇用の終了時

通常、雇用者は、従業員の雇用終了時、未消化の傷病・介護休暇日数に対して支払いをする必要はありません。

Want to save this information for later?

If you might need to read this information again, save it for later so you can access it quickly and easily.

pdfButtonLong

Page reference No: 7403