雇用の終了

従業員は自ら辞職することもあれば、職を解かれる(解雇)こともあります。

雇用者は、従業員を解雇するに当たって、その従業員に最終出勤日を書面で通知(notice)しなければなりません。辞職する従業員は、これを雇用者に書面で通知する必要はありません。口頭で済ますことができます。

通知するタイミング

雇用者は解雇する従業員に対して、最低、以下の通知期間を与えなければなりません。

雇用期間 
通知期間
1年以下
1週間
1~3年
2週間
3~5年間
3週間
5年~
4週間

45歳を超えていて、当該雇用者に2年以上雇用されている従業員については、通知期間がさらに1週間追加されます。

通常、辞職する従業員は、雇用者に対して、上記と同じ通知期間を与えなければなりません。最低通知期間を知りたい方は、通知期間・解雇手当カルキュレイター(Notice and Redundancy Calculator)をご利用頂けます。

雇用者は、従業員が報酬や職場の権利について質問したり、苦情を言ったことを理由に解雇してはなりません。

雇用の終了に関する短い動画をご覧ください。

 

 

Want to save this information for later?

If you might need to read this information again, save it for later so you can access it quickly and easily.

pdfButtonLong

Page reference No: 7077